お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 津観音<観音寺>(三重県津市) 日本三観音

<<   作成日時 : 2008/04/16 11:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本三観音<浅草観音、大須観音、津観音>のひとつ津観音は、
津の阿漕浦で漁夫が網にかかった観音さんを709年に奉ったのが
始まりと伝えられている。
江戸時代には津藩主藤堂家の庇護もあり、大いに栄え大門の
寺内町を形成するまでになった。
1945年の津大空襲により壊滅的な打撃を受けたが、五重塔を
建立するまでに再興されてきた。

浅草や大須の賑わいには及ばないが、大門・立町の商店街を
中心にいろんなイベントを催し、観音信仰の更なる浸透を期して
地域活性化に努力されている。

いちご大福や天むすの発祥は、ここ大門といわれており津観音さんも
大いにがんばっておられる。

三重県のお寺クリック参照

(1)寺名:津観音<正式名:観音寺>
(2)住所:三重県津市大門32−19 (3)山号:恵日山
(4)宗派:真言宗醍醐派 (5)開創:709年 (6)本尊:聖観音
(7)その他
1)日本三観音
2)城下町津の守り仏で、寺内町を形成
3)五重塔:2001年再建
4)節分会

画像
                      仁王門

画像
                       本堂

画像
                       境内

画像
                       境内

画像
                      五重塔

画像
                      地蔵尊

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

津観音<観音寺>(三重県津市) 日本三観音 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる