お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 観音寺(京都府京田辺市) 国宝十一面観音

<<   作成日時 : 2008/04/10 16:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

奈良時代に造られた国宝十一面観音立像が本尊の観音寺は、
京都の田辺(同志社大学の裏山)にあるこじんまりしたお寺であるが、
周りは桜並木と菜の花畑の色香が漂う瀟洒な風景を持っている。

国宝十一面観音像は7体あり、観音寺のそれと聖林寺(奈良県桜井市)
の十一面観音立像とはほぼ似通った年代・姿をしている。
<国宝十一面観音像:向源寺(滋賀県高月町)、六波羅蜜寺(京都市)、
 観音寺(京都府京田辺市)、法華寺(奈良市)、聖林寺(奈良県桜井市)、
 室生寺(奈良県宇陀市)、道明寺(大阪府藤井寺市)>

初代住職は、東大寺二月堂のお水取りの創始者実忠であった関係で、
お水取りに使う松明の竹をこのお寺から送り込んでいる。

(1)寺名:観音寺 (2)住所:京都府京田辺市普賢寺下大門13
(3)山号:息長山 (4)宗派:真言宗智山派 (5)開山:良弁僧正
(6)開創:744年 (7)本尊:十一面観音
(8)その他
1)本尊十一面観音立像:国宝 奈良時代 木心乾漆 173cm
2)東大寺二月堂お水取りの竹送り

画像
                       遠景

画像
                       参道

画像
                       庫裡

画像
                       本堂

画像
                       鐘楼

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

観音寺(京都府京田辺市) 国宝十一面観音 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる