お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 海龍王寺(奈良県奈良市) 雪柳の風景

<<   作成日時 : 2008/04/10 11:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<雪柳の寺>として知られる海龍王寺は731年光明皇后の発願により
創建されたお寺で、平城宮の東北に位置することから隅院・隅寺と
呼ばれた。
境内から白鳳時代の瓦が発掘されたことから、すでにあったお寺を
取り込んで創建されたと考えられている。

初代住職の玄ムが唐から持ち帰った経典の書写(写経)が初めて
行われたことから、<写経発祥の寺>としても知られている。

さらに、珍しい五重小塔が国宝に指定されており、奈良時代の
貴重な建築資料になっている。
<国宝五重小塔:海龍王寺、元興寺極楽坊>

こうした歴史と文化財を柔らかな白雪のような雪柳が包み込んで
いる風景は古都奈良でも特筆しうる存在であり、天平の風景を
彷彿とさせる。

(1)寺名:海龍王寺(かいりゅうおうじ)
(2)住所:奈良県奈良市法華寺北町897 (3)山号:なし
(4)宗派:真言律宗 (5)開山:玄ム (6)開基:光明皇后
(7)開創:731年 (8)中興:叡尊 1236年 (9)本尊:十一面観音
(10)その他
1)五重小塔:国宝 奈良時代前期 高さ4m 西金堂に安置
2)主な伽藍
  本堂:1666年再建
  西金堂:重文 奈良時代(鎌倉時代に大修理)
  経蔵:重文 鎌倉時代 叡尊によって建立
  大師堂:弘法大師を奉る
  山門・築地塀:室町時代 市指定
3)重文仏像
  十一面観音立像:本尊 鎌倉時代 像高94cm
       金泥・彩色が鮮やかに残る
  文殊菩薩立像:鎌倉時代 115cm
4)その他文化財
  舎利塔:重文 鎌倉時代
  寺門勅額:重文 奈良時代
  毘沙門天画像:重文 平安時代
  隅寺心経:奈良時代 伝空海筆
5)雪柳の名所

画像
                       雪柳

画像
                       雪柳

画像
                       雪柳

画像
                   NHKが雪柳風景撮影

画像
                       山門

画像
                       参道

画像
                      築地塀

画像
                       中門

画像
                       境内

画像
                       境内

画像
                       境内

画像
                       本堂

画像
                   <重文>西金堂

画像
                   <国宝>五重小塔

画像
                    <重文>経蔵

画像
                      大師堂

画像
                     修行地蔵尊

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

海龍王寺(奈良県奈良市) 雪柳の風景 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる