お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 勧修寺(京都市山科区) 真言宗山階派大本山

<<   作成日時 : 2008/03/22 22:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

勧修寺は900年醍醐天皇の生母藤原胤子の菩提を弔うために開創された
お寺であり、江戸時代末期まで宮門跡であった。
その寺格が境内全体に残っており、氷室池を中心とした庭園は平安貴族
好みの庭園になっている。

<勧修寺 その1 雪の風景その3 四季の風景青字をクリック参照

(1)寺名:勧修寺(かじゅうじ) (2)住所:京都市山科区勧修寺仁王堂町27−6
(3)山号:亀甲山 (4)宗派:真言宗山階派大本山 (5)開山:承俊
(6)開基:醍醐天皇 (7)開創:900年 (8)本尊:千手観音
(8)その他
1)主な伽藍
  書院:重要文化財 1686年 柿葺 勧修寺棚がある
  宸殿:市指定文化財 1697年 
  本堂:市指定文化財 1672年
2)氷池園:市指定名勝 氷室池を中心とする池泉庭園 ハス・スイレン
3)勧修寺型燈籠:雪見燈籠 徳川光圀の寄進
4)ハイビャクシン:樹齢750年
5)臥龍梅:三代目
6)四季折々の風景を演出する花木

画像

                         ボケの花

画像

                          宸殿

画像

                           梅

画像

                        ハイビャクシン

画像

                         臥龍梅

画像

                        勧修寺型燈籠

画像

                          本堂

画像

                          書院

画像

                          書院

画像

                        弘法大師像

画像

                       彼岸桜と観音堂

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

勧修寺(京都市山科区) 真言宗山階派大本山 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる