お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 法隆寺(奈良県斑鳩町) その7 重文伽藍 (2)

<<   作成日時 : 2008/03/20 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

東大門より東の境内(東院)にある重要文化財の伽藍をみてみよう。

<法隆寺 その1、その2、その3、その4、その5、その6>参照

(17)絵殿・舎利殿:1219年 中央の通路によって分けられ、向かって右舎利殿
             左に絵殿
  南無仏舎利塔:鎌倉時代 舎利殿に
  聖徳太子絵伝襖絵:江戸時代 絵殿に
(18)礼堂:1231年 中門であったものを礼堂にした
(19)東院廻廊:1237年
(20)南門(不明門):1459年 八脚門
(21)四脚門:鎌倉時代前期
(22)東院大垣:1696年
(23)旧富貴寺羅漢堂:平安時代後期
(24)旧福園院本堂:1437年
(25)北室院太子殿:室町時代中期
(26)北室院本堂:1494年
  阿弥陀三尊像:重文 鎌倉時代
(27)北室院表門:室町時代後期
(28)律学院本堂:1627年
(29)宗源寺四脚門:1237年

画像

                     絵殿(左)舎利殿(右)

画像

                          礼堂

画像

                         東院廻廊

画像

                         東院廻廊

画像

                          南門

画像

                          南門

画像

                         四脚門

画像

                         東院大垣

画像

                       旧富貴寺羅漢堂

画像

                        北室院表門

画像

                        北室院本堂

画像

                        律学院本堂

画像

                        宗源寺四脚門

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

法隆寺(奈良県斑鳩町) その7 重文伽藍 (2) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる