お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 海住山寺 (京都府木津川市) <国宝>五重塔

<<   作成日時 : 2011/12/06 14:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

恭仁京跡(山城国分寺跡を包含する)を見下ろす三上山の中腹にある
海住山寺には小さな国宝五重塔があり、裳階をつけた姿は短いスカートを
履いた少女のように見える。
あまり知られていない五重塔だと思うが、同じように小さい五重塔として
有名な室生寺のそれとは趣を異にしている。
室生寺五重塔は貴公子の感、こちらは庶民の娘といった感。

(1)寺名:海住山(かいじゅうせんじ) 
(2)住所:京都府木津川市加茂町例幣海住山境外
(3)山号:補陀洛山 (4)宗派:真言宗智山派 (5)開基:良弁僧正
(6)開創:735年 (7)中興:貞慶 1208年 (8)本尊:十一面観音
(9)その他
1)五重塔:国宝 1214年 裳階付 高さ17m
2)文殊堂:重要文化財 1312年 銅板葺
3)重要文化財仏像
  十一面観音立像:平安時代前期 檀像風 46cm
  本尊十一面観音立像:藤原時代 189cm
  四天王立像:藤原時代
4)その他文化財
  法華経曼荼羅図:重要文化財
  海住山寺文書:重要文化財
  釈迦三尊十六羅漢図:府指定文化財
  三千仏図:府指定文化財
  など多数
4)梵鐘:府指定文化財 1527年
5)岩風呂:1258年

画像
                    <国宝>五重塔

画像
                    <国宝>五重塔
                         
画像
                       総門
                          
画像
                       本堂              

画像
                    <重文>文殊堂
                         
画像
                    <国宝>五重塔
                         
画像
                    なすのこしかけ

画像
                      岩風呂

画像
                    恭仁京大極殿址

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

海住山寺 (京都府木津川市) <国宝>五重塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる