お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 真禅院(岐阜県垂井町)

<<   作成日時 : 2008/02/16 20:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

美濃の一ノ宮である南宮大社の別当寺であった真禅院は明治時代の
神仏分離令により堂塔20数棟とともにこの地に移転された。

今は寂しく侘びた感がする境内であるが、三重塔などの堂塔は見るべき
ものがある。紅葉が最も似合うお寺だろう。

岐阜県のお寺をクリック参照

(1)寺名:真禅院 (2)住所:岐阜県垂井町宮代2006
(3)山号:朝倉山 (4)宗派:天台宗 (5)開基:行基
(6)開創:739年 (7)本尊:阿弥陀如来、十一面観音
(8)その他
1)重要文化財伽藍
  三重塔:1642年建立 高さ25m
  本地堂:1642年 
2)梵鐘:重要文化財
3)鐘楼:県指定文化財 1642年
4)鉄塔:県指定文化財

画像

                         三重塔

画像

                         本地堂

画像

                          境内

画像

                          山門

画像

                          鐘楼

画像

                          梵鐘

画像

                         南宮大社

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

真禅院(岐阜県垂井町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる