お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 天恩寺(愛知県岡崎市) 徳川家康ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2008/02/06 11:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

室町足利幕府の肝いりで創建された天恩寺はこの地方での中心的な
お寺であった。室町様式の仏殿など京の山里のお寺を想わせる伽藍で
ありながら、一方石垣の構えを持つ境内は三河武士を連想させる調和のとれた
風景を呈している。

(1)寺名:天恩寺 (2)住所:愛知県岡崎市片寄町33 (3)山号:広沢山
(4)宗派:臨済宗妙心寺派 (5)開山:寂室元光 (6)開基:足利義満
(7)開創:1362年 (8)本尊:地蔵菩薩
(9)その他
1)重要文化財伽藍
  仏殿:南北朝時代建立  薬医門(旧山門):室町時代 現存する最古の薬医門
2)徳川家康ゆかりのお寺 家康見返りの大杉:樹齢450年
3)石垣:江戸時代初期
4)からうすの図:白隠禅師筆  蝦蟇鉄拐仙人図:伊藤若冲筆

画像

                          仏殿

画像

                         薬医門

画像

                        本堂(方丈)

画像

                          山門

画像

                          石垣

画像

                         放生池

画像

                      家康見返りの大杉

画像

                          鐘楼

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

天恩寺(愛知県岡崎市) 徳川家康ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる