お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 新薬師寺(奈良県奈良市)

<<   作成日時 : 2008/02/27 19:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

丸く、ギョロットした眼の本尊薬師如来を取り巻く十二神将。
これそのものが新薬師寺である。

この仏さま達の持つ凄さはどう表現したらいいのだろうか。言葉が
見つからない。薬師如来とそれを護る十二神将の一体感。
写真ではわからない立体感。天平仏像の代表作といわれるのが
素人の私にも伝わる。

西ノ京にある薬師寺の薬師三尊像とはまったく異なるお顔や姿。
東西の地に対照的な仏様がある不思議。
一方は<白鳳伽藍>の復興で栄え、他方は静かな佇まいを漂わせる
境内。これも好対照ではないか。

(1)寺名:新薬師寺(霊験あらたかな薬師寺といわれている)
(2)住所:奈良県奈良市高畑町1352 (3)山号:日輪山 (4)宗派:華厳宗
(5)開基:光明皇后(諸説あり) (6)開創:747年
(7)本尊:薬師如来

(8)その他
1)主な伽藍
  本堂:国宝 奈良時代 他の建物を転用した本堂
  南門:重文 鎌倉時代後期
  東門:重文 鎌倉時代前期
  地蔵堂:重文 1266年
  鐘楼:重文 鎌倉時代前期
2)主な仏像
  薬師如来坐像:国宝 奈良時代末 像高190cm
     法華経8巻:国宝 本尊胎内物
  十二神将立像:国宝(11体) 奈良時代 塑像 平均160cm
  銅造薬師如来立像:重文 白鳳時代 73cm 香薬師 盗難にあい現在も不明
  不動明王二童子像:重文 12世紀
  地蔵菩薩立像:10世紀 おたま地蔵 最古の裸形地蔵
3)梵鐘:重文 鎌倉時代
4)仏涅槃図:重文
5)萩の名所
6)本堂の鬼瓦:現存最古の鬼瓦

画像

                          本堂

画像

                          本堂

画像

                      お地蔵さん(本堂前)

画像

                          鐘楼

画像

                          東門

画像

                          南門

画像

                         鬼瓦

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

新薬師寺(奈良県奈良市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる