お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 興禅寺(鳥取県鳥取市)

<<   作成日時 : 2008/02/26 13:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

興禅寺の由来を見ると複雑な経緯があるようだが、江戸時代は黄檗宗の
三大叢林<他に東光寺(山口県萩市)、大年寺(宮城県仙台市)>といわれるほど
鳥取藩主の庇護を受けて栄えたと伝わるお寺。

鳥取藩主池田家の菩提寺であるが、墓所は国府町に立派な墓所がある。
お墓といえば、荒木又右衛門とともに<伊賀越えの敵討ち>をおこなった
渡辺数馬の墓がある。
なお、荒木又右衛門の墓は同じ鳥取市の玄忠寺にある。

(1)寺名:興禅寺(こうぜんじ) (2)住所:鳥取県鳥取市栗谷町10
(3)宗派:黄檗宗 (4)開山:提宗 (5)開基:鳥取藩初代藩主池田光仲
(6)開創:1632年 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)鳥取藩主池田家の菩提寺
2)書院庭園:池泉鑑賞式庭園 市指定名勝
3)渡辺数馬の墓
4)キリシタン燈籠

画像

                          庭園

画像

                          庭園

画像

                          本堂

画像

                       歴代藩主位牌堂

画像

                       渡辺数馬の墓

画像

                      鳥取藩池田家墓所

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

興禅寺(鳥取県鳥取市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる