お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 禅昌寺(岐阜県下呂市) 飛騨路の名刹

<<   作成日時 : 2011/05/09 20:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

下呂温泉に近い、飛騨有数の名刹禅昌寺の起源については諸説が
あるが、1528年地元萩原の城主・三木氏が廃寺となっていた円通寺を現在地に
再興し、禅昌寺としたのが通説であるが、
平安時代に恵心僧都が開いた寺が始まりとも伝承されている。
妙心寺派別格としてその寺格と飛騨路における名声は揺るがぬものが
感じられる。
また、豊かな文化財の宝庫でもある。

(1)寺名:禅昌寺 (2)住所:岐阜県下呂市萩原町中呂1089
(3)山号:龍澤山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派 
(5)開山:明叔禅師(6)開基:三木直頼
(7)開創:1528年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他
1)主な仏像
  本尊釈迦如来坐像:県指定文化財 鎌倉時代 像高53cm
  観世音菩薩半跏像:県指定文化財 鎌倉時代
  地蔵菩薩坐像:市指定文化財 
  薬師如来坐像:市指定文化財 江戸時代
2)本堂などの伽藍:市指定文化財
3)その他文化財
  釈迦涅槃図:県指定文化財
  白隠禅師筆絵画4幅:県指定文化財
  など多数の文化財
4)禅昌寺杉:国指定天然記念物 樹齢1200年 高さ40m
5)庭園萬歳洞:県指定名勝 茶人金森宗和の作 池泉回遊式庭園

画像

                          放生池

画像

                          山門

画像

                         禅昌寺杉

画像

                          庫裡

画像

                          鐘楼

画像

                          本堂

画像

                          庭園

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

禅昌寺(岐阜県下呂市) 飛騨路の名刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる