お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 酬恩庵<一休寺>(京都府京田辺市) その1

<<   作成日時 : 2010/12/16 19:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

一休さん(一休宗純禅師)のお寺

その2 その3クリック参照

一休寺 晩秋の風景クリック参照

(1)寺名:酬恩庵(しゅうおんあん)<通称一休寺> 
(2)住所:京都府京田辺市薪里ノ内102
(3)山号:霊瑞山 (4)宗派:臨済宗大徳寺派 (5)開山:大応国師
(6)開創:1288〜93年 (7)再興:一休禅師 1456年 (8)本尊:釈迦牟尼
(9)その他

1)一休禅師は<とんちの一休さん>で有名ですが、大徳寺の再建などで
 活躍された禅僧で臨済宗史上も名を残されています
2)1456年から1481年までこのお寺に住し(虎丘庵)、
 1481年このお寺で入寂された
3)一休禅師廟があり、宮内庁が管理している(一休禅師は後小松天皇の皇子)
4)方丈庭園:国指定名勝 北庭、東庭、南庭があり、方丈を取り巻いている
5)重要文化財伽藍
  本堂:1506年建立  方丈:江戸時代前期  玄関:江戸時代前期
  庫裡:1652年   東司:江戸時代前期  浴室:1786年  
  鐘楼:江戸時代前期
6)木造一休和尚坐像:重要文化財 1481年作
(10)風景
1)名物:一休禅師が作った一休寺納豆
2)紅葉時は拝観者も多い 新緑もよし
3)拝観料:500円

画像
                       総門

画像
                     境内案内図

画像
                       参道

画像
                       参道

画像
                    <重文>浴室

画像
                     一休禅師御廟

画像
                     一休さん像

画像
                      虎丘庵

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

酬恩庵<一休寺>(京都府京田辺市) その1 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる