お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 金剛證寺(三重県伊勢市) その1

<<   作成日時 : 2008/01/08 14:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

標高555mの朝熊山の中腹に建つ伊勢神宮の奥の院といわれるお寺

(1)寺名:金剛證寺(こんごうしょうじ) (2)住所:三重県伊勢市朝熊町548

(3)山号:勝峯山 (4)宗派:臨済宗南禅寺派 (5)開基:曉台上人 (6)開創:6世紀中頃

(7)本尊:虚空蔵菩薩

(8)その他

1)本尊虚空蔵菩薩:日本三大虚空蔵菩薩のひとつ

2)本堂:重要文化財 1609年

3)伊勢神宮の奥の院といわれ、神宮の鬼門を守っている

4)朝熊山経塚群が近くにあり、そこからの出土品は国宝に指定されている
  宝物館で拝観できる

(9)風景

1)伊勢志摩スカイラインを登ると便利 伊勢湾の眺望

2)奥の院への参道沿いに塔婆林があり、他のお寺にはない風景

3)あじさい

4)禅寺というよりも真言宗のお寺の雰囲気が強い
 (真言宗から臨済宗に1392年転向)

画像

                          総門

画像

                          仁王門

画像

                          境内

画像

                          鐘楼

画像

                          本堂

画像

                          寅の像





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

金剛證寺(三重県伊勢市) その1 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる